秋田県秋田市に伝わる歴史

秋田県秋田市は、長い歴史の中では東北地方の要衝として栄え、時代ごとに多くの武将たちが活躍しました。現在の都市の原型が築かれたのは江戸時代のことで、壮大な規模を誇った久保田城の城郭が整備されてからは、秋田県秋田市の発展の基礎が作られたことになります。久保田城を統治していたのは、外様大名となる佐竹氏ですが、優れた政策によって町の規模は大きくなりました。江戸時代には財政を支えるための手段として、養蚕業にも力を入れて、規模を大きくしていきました。しかしながら、江戸時代には飢饉や災害に苦しめられることも多く、一般の庶民にとっては苦しい生活に感じられることもあったのです。秋田県秋田市は近代化の時代になると、城下町としての様相が一変しました。本丸の付近には秋田県庁が作られ、県政の中心地として栄えることになります。経済の分野では、養蚕などを基軸とする形で、近代化を支える原動力になりました。秋田県秋田市が正式に発足したのは明治22年のことで、その後は近代化も急速に加速することになったのです。昭和時代の1938年には、周辺地域の治水工事で画期的な出来事があり、雄物川放水路の開削が行われています。戦後には空港も整備されて、交通網が一段と発達しました。

↑PAGE TOP

Copyright © 秋田県秋田市の歴史とは. All rights reserved.